私は×××を知らない。

作者ふりゅう

少女が出会ったのは街を支配するトップ達と姫という、何とも個性派ぞろいのメンバー。
「私は平凡な日常を望んだはずなのにね」
そんな彼女等の慌ただしい日々。




「こんなの、お遊びでしかない」


"復讐を果たすまでの"







「さァ、愉しい愉しい劇の始まりだ」





その赤い瞳を輝かせ口元に弧を描く少女。







その笑顔は偽りか、本物か。






そんな少女は気まぐれ。



そんな少女が出会ったのは、






街の支配者達とその姫。



さぁ、今日もまた嘘で塗り固められた世界を紡いでいく。






これは、平凡を密かに望む








気まぐれ少女の物語。










*この作品はフィクションです。

実在の人物や団体等などとは関係ありません。

未成年の喫煙・飲酒は法律で禁止されています。