それでもあなたが好きなのを止められない

作者玲瓏

口数が少ないクールでイケメンな彼と付き合っている千鶴。愛情を言葉にして表現もしてくれないけれど、それでも私はやっぱり彼が好きなのを止められない。

「静先輩、今日はどうしますか?」



そっと窺うように聞けば。




「うん、好きなようにしていいよ」




彼はそうやっていつも答える。私の欲しい言葉をくれたことはなかったけれど、それでも私は彼が好き。





「千鶴、いや、なんでもない」




私は、あなたのことがこんなにも好きなのに。