忘れている誰かを思い出せないのに、心の奥にいるきみを求めて手を伸ばした。「何度忘れてもいいから。だから、そばにいて」

*麗しい華II上の続編です。