麗しい華―裏切り者に口づけ―

作者叶理人

「私が殺したんだ」――あんたが傷付くくらいなら、自分が憎まれた方がマシだった。

*ケイのスピンオフ小説