不条理で、愛しい

作者まめふく

4年前のあの日、全てをぶちまけた少女は青年の前から姿を消した。だが現実は甘くはなく、その青年は目の前で不敵な笑みを浮かべていた。












―――― 逃げた、そして捕まった。