神々に守られた極東の島国、日の元。そこに住む女子高生の朔はある日突然、国の治安部隊「赤兎」に身柄を確保され、監視を受ける生活を余儀なくされた。精神をすり減らしながらも窮屈な日々に耐える朔であったが、やがて朔自身が隠し持つ秘密と赤兎の秘密が交錯し、日の元を揺るがす大事件に巻き込まれてゆく。






それは静寂に満ちた深いまどろみ





安らぎを与え





平穏と安息を司る










どうか、闇を恐れないで