数ある小説の中でこのお話がいつまでもわたしの1番です。だいすき