源義経黄金伝説 第7回一一八六年。鎌倉。静の舞前日

作者飛鳥京香

義経は人生において、常に逃亡者である。居場所がない。世の中には彼に与える場所がない。

第1章6 一一八六年(文治2年) 鎌倉

■■一一八六年(文治2年) 四月七日。鎌倉。静の舞前日

 静の母、白拍子の創始者磯の禅師(いそのぜんじ)が頼朝の御台所、北条政子(ほうじょうまさこ)に呼ばれている。

「よろしいか、禅師殿。このたびの静(しずか)殿の舞にて、頼朝殿の心決まりましょうぞ」

「舞とは…」

 禅師は、娘の静とは、しばらくの間会っていなかった。いや会えるはずがなかった。静は義経の行方を調べるために、獄につなぎおかれたのだ。

「その舞に頼朝殿への恭順の意を表されれば、頼朝殿もお考え改めましょう。それに私が内々のうちに、静殿の和子生かす手立て考えましょう」

「ありがとうございます。このご恩、決して忘れませぬ」

 禅師はまた床ににはいつくばった。その頭上から政子の冷たい声が聞こえた。

「よろしいか、宮中への事、大姫のこと、くれぐれも…」

「わかりました」禅師は深々と頭をさげた。