夏恋

ああああああ、
胸が、とにかく胸が苦しくてパラレルって分かってるけど伊吹の本音が全てここに詰まってる感じが堪らなく、一頁読み進める度に心が胸が苦しくて。言葉を口にはせず泡で全てを吐き出すのがその色一色一色が切なかったです。とても綺麗で哀しくて美しい話でした