複雑な家庭で育つひ弱な少年、瑞紀。健やかに育つ同い年の従兄、颯真を羨ましく思っている。「お前みたいに気ィ優しいばっかりやったらまいってしまうで」小六の夏の話。

主人公の瑞紀は複雑な家庭の中で親の気分に振り回されながら生活しています。


毎年お盆前の数日間を母の実家で過ごす瑞紀。


その大家族の中で暮らす夏は、瑞紀にとって年に一度子どもに戻れる大切な時間です……