to-ya

記憶の揺り篭 夏の匂い
文章の端々に作者の非凡な才を感じます。物語の中で交わされる会話のテンポも良く、思わず引き込まれてしまいました。


全編通して見えて来る、繰り返し訪れる季節の中で決して忘れえぬ少年達の特別な日々。時間。

あの年の『夏休み』

家庭の事情から、常に何か諦観しているような主人公 瑞紀 と、不器用ながらも彼を労る従兄弟の 颯真 二人の友愛を軸に、彼等を取り巻く友人達や大人達それぞれの葛藤や想いをもしっかりと描写されていて、読んだ後懐かしいような切ないような、それでいて爽やかな気持ちになれます。

『あの夏休み』を通過した彼等が、やがてあの日々を大切な記憶とし、成長した姿が伺えるラストも秀逸です。

正直、携帯小説において純文学というジャンルが成立し得るのか?
やや懐疑的であったのですが、このような作品に出会えて本当にラッキーだと思いました。

この作品のクオリティならば、寧ろ携帯小説の枠を飛び出して貰いたいとさえ切望してしまいます。

今後の作品にも期待したいと思います。