悪者と呼ばれる守護者、その隣で

作者音華 みつの

悪役令嬢に転生してしまった、花。主人公を陥れようとしていたがそんな最中、人間だった記憶を取り戻す。でもすでに悪者と契約をかわしてしまっていて。









乙女ゲームの悪役令嬢、というものになってしまったが、

悪役なので、どうにも王子様たちと親しくなれそうにありません。



しかも、記憶を取り戻す前には世界の「悪者」と契約をかわしていて。







「契約破棄って、できますか?いや、できますよね!?」




「は?そんなもん、無理に決まってるじゃねぇか」











幸せ、になれるのでしょうか。







悪者と呼ばれる守護者、その