「おはようございます、カッセル様」  ブルーナ家の朝はその一言から始まる。  それを合図にジェナの首から陶器のように冷たく真っ白な指は離れて行く。