この恋、維新に捧げます

作者潜龍アンナ

まだ知られていない維新があった。日本を変えようとした名も無き若者たち。九州の小さな藩で育った少年少女、彼らは、好きな人に好きと伝える自由の為に、戦った。




動乱の明治維新を

仲間と共に駆け抜けたのは

一つの願いがあったから



「国のためじゃない。あなたのために嫁ぎます」


「おまえが惚れた男は死なせはしない」



ひたすら求めた『自由』


それは愛しい人のため