ミクとゆうかと昭仁

作者

ある日、昭仁の家にメロンが送られてくる。それを喜んで食べるミク達。だが、変な気をおこしたミクが昭仁を舐める。それからだんだんヤバくなっていってしまってーー?

この作品は、私とあるツイッターユーザーの妄想作品です。

元は彼女のとある発言に私が食いつき、そこからいろいろ話が発展していった感じです。

彼女は、私の発言をこころよく受け入れてくれて、いつも助かっています。

次の小説のネタも考えてくれたほどです。

いつも何やかやで更新が遅れているのですが、彼女はいつも待ってくれて、本当に感謝しています。

感謝してもしきれないほどです。


登場人物紹介です。

ミク・・・本名は雪音ミク。一人称はうち。性格は明るく元気。笑顔がかわいく、人懐っこい。物怖じせず、初めてのところでも好奇心旺盛。あるライブでゆうかと出会った。ゆうかとはすぐに意気投合し、大親友になった。彼女を姉のように慕っている。小柄で背は小さい。特徴は、腰まである長い水色のツインテール。

ポルノグラフィティでいつも変なことを考えている彼女。今回は一体どうなってしまうのだろうか。

ゆうか・・・本名は白銀ゆうか。一人称は私。性格は大人しく、あまり表情を変えないが、ミクとはよく喋る。あるライブでミクと出会った。ミクとはすぐに意気投合し、大親友になった。彼女を妹のように思っている。背は普通。特徴は、胸ぐらいまであるロングの銀髪。見た目は清楚な女性だが、中身は一体・・・?

昭仁・・・本名は岡野昭仁。ポルノグラフィティというロックバンドのボーカル。一人称はわし。性格は、明るく元気。お茶目でかわいい。ミク達との出会いは、ライブの帰りにミクとゆうかに出会い、家に帰れなくなった彼女達を自分の家に泊めたのが始まり。

それから彼女達を自分の家に住まわせている。

ミクからは、「昭さん」、ゆうかからは、「岡野さん」と

呼ばれている。

そして、晴一さんからは、「あきっと」と呼ばれている。

今回は昭仁さんがポルノグラフィティとしての主役なのですが、晴一さんも出てきます。

晴一・・・本名は新藤晴一。ポルノグラフィティというロックバンドのギター。岡野昭仁とは、高校からの付き合い。一人称はわし。性格は、昭仁さんと比べるとおとなしめ。でも、好きなことはよくしゃべる。昭仁さんのことを、「あきっと」と呼ぶ。

ミクからは、「晴さん」、ゆうかからは、「新藤さん」

と呼ばれている。


さてこの作品は、ポルノグラフィティについての最高の愛と、最低の愛が入っています。

どこにあるかは、自分で探してみてください。(笑)

オリジナルキャラがいます。

作者の独自解釈・創作があります。

キャラ崩壊があります。

成人向けっぽい描写があります。

苦手な人は、ブラウザバック推奨です。

こんな小説ですが、最後まで読んでいただくと作者が喜びます。

批判もうけつけます。

何かあったり、小説の感想は、メールで送ってください。

よろしければレビューも書いてください。

これから始まります。

どうぞよろしくお願いいたします。