老舗和菓子屋さんの息子は三毛猫ヤンキー。店を継がないと啖呵をきる彼には、実は、大きな野望があった。