初恋は、義理の妹でした。

作者森蒼

義妹、千衣華を可愛がっていたとあは、あることがきっかけで、自分の愛情は別のものだと気づく。
『ライバルに渡したくない!』
そう願うとあの、恋の行方は…?

兄妹がいるって、すごく嬉しいこと。


1人で食べてたご飯も、1人で観ていたテレビも。



全部、1人じゃなくなるから。



でもね…たまに思うんだ。



『兄妹じゃなければよかったのに…』



ねぇ…そう思わない?