「死神さん、わたしを殺して――」天涯孤独な少女の祈りに死神の青年は応えた。「結婚して、子供を産み、その子を育て終えるまでは殺さない」と。それなら、と少女は言う。

  • コメント
  • しおり32
7736e0242a73


「死神さん、わたしを殺して――」 天涯孤独な少女の祈りに死神の青年は応えた。 「結婚して、子供を産み、その子を育て終えるまでは殺さない」と。それなら、と少女は言う。 「ならわたしを、あなたのお嫁さんにして――」。 椿カヲリが紡ぐ、死にたがりな少女と死神の、小さな恋物語。


椿カヲリ(著者)

©Tsubaki Kawori 2017