まだ“トランスジェンダー”という言葉が知られていなかった、昭和時代。「心の性」と「体の性」の違和感に苦しみながら、“カノジョ”が望んだのは……。

  • コメント
  • しおり3
68eca4dfd755


1980年、春――。都内の大学に通う曲直瀬雄二(まなせゆうじ)は、2つの“ヒミツ”を抱えていた。それは、高校からの腐れ縁である松永正樹への密かな想い。そしてもう1つは、自分の性に対する違和感だった。まだ“トランスジェンダー”という言葉が知られていなかった、昭和時代。「心の性」と「体の性」の違和感に苦しみながら、“カノジョ”が望んだのは……。


粉子すわる(作画) / 森橋ビンゴ(原作)

©2017 SUWARU KOKO/BINGO MORIHASHI