産まれた時に誰もが等しく与えられる神様からの祝福「乳母の木」。木が目覚めないまま高校生になったつる。17歳の誕生日に乳母の木は初めて目を開いた――。

  • コメント
  • しおり64
c99369ff0f6e


人が産まれた時に、誰もが等しく与えられる神様からの祝福、それが「乳母の木」だ。ひとり乳母の木が目覚めなかったことに引け目を感じていた少女・つるの17歳の誕生日、その乳母の木は初めて目を開いた――。


秋山シノ(著者)

©Shino Akiyama