スノー・セレナーデ

作者水瀬寧々

仕事納めの早かった私は一足先に帰省する。「美雪」あの頃と同じように私を呼ぶ彼。彼との再会はきっと神様がくれた、サンタさんからの遅いクリスマスプレゼントだ。

あと数日で年が明ける。


一足先に仕事納めをして帰省した私。

誰にも会わないことを願いながら

そっと息を潜める1週間を過ごすつもりだった。



「美雪」



偶然再会した彼と出逢い、

人生が変わり始める音がする。



きっと神様がくれた、

サンタさんからの遅いクリスマスプレゼントだ。