『1000ページの思い出』~介護の中で~

作者ガースケ

人生の先輩方の笑顔や涙の場面で学んだ大切なこと。いろんな方と交わした言葉や出来事を皆様の心の中に届けられたら嬉しく思います。誰かの勇気に繋がりますように。


  • コメント
  • しおり386


老人ホームの入居者やデイの方との

会話や出来事を忘れないため

日記に書いてきた大切な言葉。


普段、当たり前に思っていることの大切さ。


「おはよう」「いただきます」「おやすみ」


何気なく過ぎる毎日。


忘れがちな当たり前を

時折、意識しゆっくり進んでいきたい。。



人生の先輩方の笑顔や涙の場面で学んだ大切なこと。

いろんな方と交わした言葉や出来事を

皆様の心の中に届けられたら嬉しく思います。

自分の気持ちも時折、書きます。。



お時間ございましたらお読みください。

『青春の記憶/心の中の大切な日記』


この物語を読み終えた時

誰かとって忘れかけていた

大切な時間をそっとみつめ

誰かの勇気に繋がりますように。。