365日きょーこちゃん

作者愛咲メル

学園の王子様はつれない少女に今日も愛を囁く。少女はそれをあしらう。そんな日が明日もくるんだって思ってた。



誰もが憧れる王子様

超絶怒涛の完璧美男子・家晴恵都

そんな彼が唯一溺愛して甘やかしてしまう

少女がいました。


「…家晴しかいないもん」





あざとくて口が悪くて

なにかを隠している彼女



「愛妻弁当作ってきてやったぞ」

「アンタ私の妻じゃないけど」

「黙って食えよ」

「てかまずアンタ女じゃないけど」

「うるせえ」



( こんな日々が続けばよかったのにな。 )