動き出したゆずの日常。ゴン太の言葉に戸惑うゆず。そんな中、ゆずの前に現れたのは2人の女性で――疑惑編「好きだったんだよ」Ⅳ




──片翼の羽根


誰もが憧れ平伏す彼らに


一枚ずつ与えられた──





「好きだったんだよ」

 


私を泣かすは


嘘の上手な男



疑惑編




フィクション