この愛に、捨て台詞はもういらない。【完】

作者桜瀬 亜夢

《愛》って言葉は酷く曖昧で、多義的だから、私達は自分の定めた定義の狭間で揺れ動くんだ――。






いきるために、強がってみた。

だって強そうに見えたから。



強がるたびに、痛みが増した。



だけど痛みは美しかった。

だって私を美しく綺麗にしたから。




d09fa373b529








◇雪那樹梨様主催企画:《うつろひ一昼夜》参加作品です。

◇レビューのお返事・更新状況などは全て▶▶Twitterにて。