女総長×総長

「千隼っ!

私を置いて行くなっ…!」



「風音……泣くな…強くなれ………もっと……もっと……俺の分まで……生きて、強くなるんだ…」



「っっ…やだっ!……行くなよ…!…やだっ!…お願い…うっ…ふっ…生きて……千隼がっ!…いないと…っっ…やだっっ…」



「風音……笑えよ……ちょ、ちょっと、おわ…かれ…するだけだから…また…どこかで、あ、える。



風…音…




愛してる。…………』






「いやーーーーッッ!


千隼っ!

千隼っっ!



やだよ……

私を一人にしないでょ……」



私の腕の中で時を終えてしまった彼の名は


南波 千隼(ナンバ チハヤ)


彼の耳に光る私とお揃いのピアス。


私達を繋ぐ唯一の証だった。


その大切な存在を私はなくした。