Black Sniper〜危険な彼との最高のラブストーリー〜

作者チュチュ

ある日、わたしが出会ったのは。

1人の狼だった。






ぱっちりとした二重まぶたと、通った鼻筋。





形のいい唇。それはそれは見目麗しく、整いすぎる顔立ちをした彼。





そんな彼の表の顔は、天才エンジニア。







対し、あたしは、体力だけが取り柄の陸自陸軍。






どこからどう見ても接点なんてない2人だけど、あるきっかけから私たちは出会ってしまった。






この運命を、私は、今でも後悔している。





残酷すぎるこの運命を。




彼は、彼の名は冬華 真夜(トウカ シンア)と言った。




名前の通り、闇がよく似合う人だった。

漆黒の夜に、そこに溶け込む黒。



その姿に目を奪われた。



こんなに。闇が夜が似合う人は初めて見た。




そんな彼のもう一つの顔は、身体を張った請負人だった。





あたしの名前は胡蝶 すずらん(コチョウ)という。