誠 の 道 【更新中】

作者高梨 初

翌文久3年
吹雪の日に出会ったのは
己の信じたモノを貫き通す

''誠の武士''



に染まる

浅黄色の羽織。




金色に輝く

の文字。




貴方達と共に

あの時代を駆け抜けたこと・・・。




私は“誇り”に思います




――全ては守りたい人の為に――




己の志を信じ、

全てを懸けて生き抜いた。










レビューを、

書いてくださった方々の名前は、

HPにて名前を紹介させていただいています。



レビューや、イイね!感想、クリック

意欲、更新アップに繋がっています!





※修正入れ中です。