by
「悪くは無いかな」

「四年付き合ってるんだっけ」

「まあ、お陰様で」

「それにしては、彼女、久住くんのこと苗字呼びよね」
328ページより