楠の木の下で、
喫茶店と、
本屋が、
地域住民の日常の中に
しっかりと
根づいていて。

そういう場所で、
出会うであろう
二人。
運命は、
いつもの日常の延長線上にあったのか?

まだまだ
物語は、
始まったばかりだが、
そこから始まる
恋の話。

君が恋におちるまで、
続きが、
気になり、
たぶん、また
読み進めていくと思う。