ストーカーと私の攻防戦。

作者はるき

  • コメント
  • スタンプ30
  • しおり38




仕事が終わった金曜日の夜は必ずゲームをする。



今日もそのはずだった。



そんな私の前に美しい男が現れる。





『ストーカーの方ですか?』


『あはは!!まあ間違ってないよ!』





弱味を握られた私は男の部屋に通うことになる。




そこは私を口説くための部屋らしい。










※個人の都合で作品の削除や修正、非公開にする場合があります。予めご了承下さい。