夏の想ひ出

作者岡紗里奈

僕、江口賢人は無気力な中学三年生。
そんな僕が惹かれたのは僕とは真逆な活発な同級生、浜崎夏だった。
初夏に始まり、初夏に終わる何気ない日常、だけどこれは、僕にとって忘れられない夏の思ひ出。