僕は幸せだった。

作者HoLi

人生に絶望している男がある日交通事故に合い、そして…。
告げられたのは「寿命を買い取る」という聞きなれない言葉と「望んだ過去へ期限付きで戻す」という言葉。

期限付きの生に向き合い、終わりに向かって過去への旅路を進んでいく男はどのような最期を迎えるのか。



僕の人生は長く暗い迷路のような時間だった



過去の限りある時間は何よりも尊いものだったのに



少しだけ大人になった僕ができたことは



それは言葉をちゃんと伝えることができだけ



さよならの前に伝えることができたかけがえのない気持ち



10年前の君に送る意地っ張りな僕が最期に伝えることができた



大好きという言葉



君と過ごした日々、僕は幸せだった