放課後は秘密のキスを

作者雨音麻央

「こういうことに憧れてんだよ。」



『っん』



初めての感覚と乱れる吐息にビクっと体が震える。




「抵抗できないくらいよかった?」



口角を上げて意地悪に笑う目の前の彼が格好よく見えて、胸が高鳴った。

「こういうことに憧れてんだよ。」




『っん』




初めての感覚と乱れる吐息にビクっと体が震える。





「抵抗できないくらいよかった?」




口角を上げて意地悪に笑う目の前の彼が格好よく見えて、胸が高鳴った。