春の名と、君の温度を探している。

作者波月亜緒

極度の寒がりな旬香(しゅんか)は近所の公園に毎日通っていた。そこで近くの男子校に通う輝龍(きりゅう)と出会う。

からかってくることもあるけど、何かと旬香を気にかける輝龍。しかし、輝龍には大きな秘密があった。


ひらひらと舞い落ちる桜の花びらに



名前をつけるのなら



君はなんと言うだろう。



きっと抜群のセンスで



綺麗な



心が踊るような



世界が光り輝くような



そんな名前をつけるだろう。



でも君は、桜が咲く頃



─────もうこの世にはいない、



らしい。