青は愛より出でて

作者まとば 蒼

自分は陰キャだから陽キャの邪魔をしちゃいけない。

学校での絶対的な上下関係を信じて疑わない青山芽久。

しかし、陽キャ代表の相川大翔はそんな芽久の考え方に疑問を持っていた。


学生には二種類の人間がいる。


一つは運動部や吹奏楽部、軽音部といった賑やかな部活に所属していて、なおかつクラスの決め事などについて多大なる権力を持つ人達。


言わば陽キャラ、略して『陽キャ』。



そして二つめは、彼らとは反対に目立たない文化部もしくは帰宅部で、クラス内では決定権など持ち得ない日陰に住む者達。


陰キャラ、略して『陰キャ』。



誰が陽キャで誰が陰キャだとか、紙面に貼り出されているわけじゃない。それでも私達学生の間には、確かにその違いと距離が、存在している。