「守る」って言ったくせに、きみが選んだのは、あたしじゃなかった。









" 本多七瀬 "くん。


落ち着いてて、口調も穏やかで、意外とよく笑う人。




だけど学校中の噂によれば、



とても " 危険な男 " ……らしい。




× × ×




「ごめんね、巻き込んじゃって」




なんて軽く笑っていたかと思えば

時折、ゾクリとするほど冷たい瞳をして──。




「なんで手、握るの?」

「今すぐ逃げないといけないから」




振り回される。




「行かないで」




狂わされる。




「大丈夫。おれが絶対 助けに来るから

……泣かないで」