あの夏で待っていて

作者早藤 尚

毎年恒例の花火大会。きっときみは誘ってくれるものと、ぼくは思っていた、そんな夏の日――。