あの可惜夜が繋げてくれた

作者環流 虹向

夏終わりに新しくBARが出来た。
そのBARは繁華街から少し離れた雑居ビルの3階にある。
酔った人にはちょっときつめの階段を上がった先には、過去の過ちに深く傷ついた者がほろ苦い赤ワインとハイボールと梅酒をグラス片手に本音を冗談に乗せて今日も語らう。

ある2人の一生分の恋愛物語を描いた環流 虹向の…