翼をもがれた天使たちよ。

作者イルミ



だって知らなかった。


愛しているなんてわかってなかった。


それでも、君が離れていくのが怖いんだ。


ナツミが「嫌い」だと言おうと、無理なんだ。


護るって誓うから、安全な場所にいてよ。


俺のすぐ側にいてよ。