あ の 夏 を も う い ち ど .

作者夏おんな.

子供の頃に両想いになった海人ときらり。
幼いふたりの好きと言う純粋な気持ちが、大切な人を失う事になるなんて─…。
ひと夏の想い出にするはずだったのに、運命歯車が再び廻りだす…。



幼少期からです。
青春×恋愛

  • コメント
  • スタンプ3
  • しおり4






キミは確かに好きだと言ってくれた。







私も好きだと言った。









だけどそれは、10年も前のこと。