「俺らと関わった事後悔させない。」
彼は私にそう囁いた。





黒髪瓶底メガネの地味子。




それが私のあだ名。












「俺のシュークリームはどこ。」






「君はとても優しいんだね。」






「女は嫌いなんだ!近づくな!」






「そのメガネ叩き割ってやろうか!」





「あんたが世界で1番可愛い」








「だめだ…まともに相手にしたら精神的におかしくなる…」












個性豊かな彼らと過ごす

ドタバタラブコメディー?