誰もが憧れるチーム「皇龍」の支配する街に、一匹の黒猫がやってきた。





「あの子は人とどこかが違う」


ーー言われ慣れたし聞き飽きた。




「生意気」


ーー違うよ。誰に対しても物怖じしないだけだ。




「頼むから、お前は何もしないでくれ!」




地味に生活していたはずが、知らぬうちに望まぬままに、周囲に危険人物とみなされていた。



そんな不運に満ちた、彼女の青春物語。








ーーーーー

※以前魔法のiらんどにて掲載していたものを、加筆修正して再掲載しております。

※フィクションです。実在する人物や団体等とは一切の関係はございません。