「お前をこの手から離すくらいなら、もう殺してしまいたい」泣きそうな声で君がそうやって言うから、どうしようもない現実をただひたすら呪った。


画像タイトルを入力…




2022.10.08〜