触れた手に込めた想い

作者kutsu




「ま、待って」









そう彼に声をかけ、わたしは彼の手に触れた









(逃げないで…わたしの話聞いて…)









どうかこの手から気持ちが伝わりますように















この作品を読んでくださる方、

しおり、スタンプを押してくださった方

本当にありがとうございます!



読んでくださる方がいると思うと

すごく励みになっております。



kutsu