描くことしか出来ない天才画家と、なんでも出来る画商のお話。







私の才能コレはきっとすぐ無くなると思う。



何も無くなった時、私は消えてしまうかもしれない




所詮は贋物まやかし