世界を影で操るほどの強大な権力を持つ財閥。その神華(しんか)財閥の令嬢である七美(ななみ)は、実は俺の恋人。
普段は、男の格好をして学園の生徒会長を演じる彼女。そんな彼女と死と隣り合わせで付き合い続ける。

障害を乗り越えた先に待つのは、幸か死かーーーー。

【ストーリーの概要および物語の設定】


世界を影で操るほどの強大な権力を持つ財閥。その神華(しんか)財閥の令嬢である七美(ななみ)を彼女にもつ主人公。 普段は、男の格好をして学園の生徒会長を演じる彼女。そんな彼女と死と隣り合わせで付き合い続ける。彼女の両親に二人の関係がバレたら、すぐに処刑されてしまう恐怖の中、それでも二人の愛は深まっていく。 周囲の人間から『悪魔』と恐れられる神華の人間(彼女)。自殺した父親の神華財閥に対する強い憎しみに支配されながら、それでも彼女を愛し続ける彼の心の格闘をご覧下さい。 障害を乗り越えた先に待つのは、幸か死かーーーー。


【元小説の作品URL】

https://maho.jp/works/15591670281202437378