気だるげな彼は、戸惑い彼女に求愛し、溺愛する

作者柚あん


突然現れた彼は、私に告白してきた後、気だるげに言った。

「この子だって、匂いがしたんだ」

甘えて、優しくして、時々強引で。

気だるげな彼に、今日も私は戸惑って、少しドキドキさせられる。