君と見た、あの日の夏をもう一度。

作者冬哉

 18歳で都会へ上京する主人公、夏樹。憧れの地で、会社へ成果を残そうと、必死に頑張る。

 しかし、2年もの間、結果が出せない夏樹へ、遂に辞令が通達される。その内容は、4月の人事異動によって、地方の協力会社へ転勤という事だった。

 その異動によって、苦渋を味わう事になるが、新しい職場の同僚達から…