深夜26時、逢瀬を重ねる

作者N.

「俺と人生を共にする覚悟は出来た?」
心、身体…すべてを貴方に捧げたのに
私達は未だ人知れず、逢瀬を重ねる。





「いい子で待て、してた?」

そう言って優しく私を抱いてくれた彼は─…


画像タイトルを入力…




「お前、そんな面倒な女だった?」


もうどこにも存在しない。








深夜26時、私たちは未だ逢瀬を重ねる。







関連作品>>>>

深夜2時、逢瀬を重ねる

先に読まれることをお勧めします。